はんこ素材の選び方

実印は使用頻度としては、それほど高いものではありません。しかし、使用期間としてみれば、かなりの長期間に渡るものです。数年使用しただけで、欠けたり擦り減ったりするようなものでは、すぐに買い替えることになってしまいます。つまり、実印は耐久性のある素材で作成することが好ましいのです。

では、耐久性のある素材にはどのようなものがあるのでしょう。まずは、やはり象牙です。耐久性があり、見た目の重厚感や捺印性、気品、どれをとっても素材の頂点と言えます。また、オランダ水牛も耐久性の高い素材として人気です。1本1本違う独特な模様を持ち、角でありながら半透明という希少さも人気を支える理由となります。

実印は、耐久性が重要となりますが、フルネームを入れるということで、自分だけのはんことしてオンリーワンの素材を選ぶ人も増えています。例えば、男性で言えばチタンです。金属ですが、捺印性も高く、なにしろスタイリッシュです。機能性とデザイン性を兼ね備えた素材と言えるでしょう。そして女性では琥珀に人気が集まっています。見た目が美しく、色合いも神秘的で温かみがあります。このような実印の素材選びは、通販サイトで簡単に見ることができます。素材選びは実印を購入する際の、一つの楽しみとも言えるでしょう。

通販での注意点

今や実印は通販で購入できる時代です。通販は、実印を自宅で発注し、そして自宅へ届けてくれるとても便利なサービスと言えます。ただ、通販で実印を購入する前に、知っておきたい注意点があります。

まずは実印を作る時期です。これは社会人になったとき、あるいは成人したとき、そして結婚したときなど、ライフイベントに合わせるのがいいでしょう。学生時代とは違い、社会人は社会的に責任も負うことになります。車などの大きな買い物もしなくてはいけません。そのためには、こういったタイミングで実印を購入するのが好ましいのです。次に作成期間です。急な契約や買い物で、急いで実印が欲しいこともあります。そういったときにも、通販が役立ちます。ショップによっては最短1日というところもありますから、急ぎの場合はこういったサービスを利用するといいでしょう。

ただ、実印の作成は一般的には時間がかかるものです。通常は10日から2週間程度かかりますから、余裕を持って作成するようにしてください。サイトには様々なショップがあります。通販のメリットはこれらのショップを比べられることです。素材や書体、作成までの日数、そして自分の好みや予算に合ったショップを見つけましょう。

実印と印鑑証明

学校を卒業して、社会に出て働くようになると、様々なところで契約が発生してきます。例えば、車を購入する際、部屋を借りる際、或いはマイホームなどの不動産の売買などです。こういった時に、必要となるものが実印です。日本は、はんこ社会と言われるほど、はんこが果たす役割は大きく、なくてはならないものなのです。では、この実印を購入する際の基礎知識について説明します。

まず、実印はどういった意味を持ち、どのように使うのでしょう。実印は、住民登録をしている市役所などの役場で、印鑑登録をしたはんこのことです。一般的にはフルネームでの登録となり、認印や銀行印とは分けて使います。実印は車の購入時や不動産の売買など大きな金額が動くときに必要なもので、この実印の印鑑証明が本人確定の証拠となるのです。

印鑑登録は15歳以上から可能となりますが、1人で複数の印鑑登録はできません。実印は、本人を証明するものとして大きな意味を持ちますので、偽造防止のために、篆書体や印相体のような複雑な書体のものを選び、できれば手彫りのものがいいでしょう。通販で購入する際は、そうした偽造防止という点に注意して選ぶことが大切です。サイトの説明をよく見て、この条件に当てはまるものを購入してください。

印鑑は通販で作成

学校を卒業し、社会に出ると様々な責任が生じてきます。その中にはもちろん、個人的な買い物や契約も含まれてきます。例えば、車を購入する際には、ローンの支払いという責任を負いますし、部屋を借りる際にも同じように責任を背負うことになります。この場合、その責任を負うために、本人であることを証明することが必要です。日本ははんこ社会と呼ばれるほど、はんこが重要な役割を持っています。本人を証明する際も、このはんこがその証拠となってくるのです。

実印は、市役所などで印鑑登録をしたはんこのことです。この実印の印鑑証明が、車を購入した時や部屋を借りる際に、本人だと証明する重要なアイテムとなるのです。この実印ですが、学生の頃にはほとんど必要ありません。やはり社会人になったタイミングで作るのがいいでしょう。実印作成は、今では通販で簡単に行えます。もし急ぎの場合であれば、最短1日で作成というサイトもありますので、大変便利です。ただ、通常は2週間程度の期間を要しますので、余裕を持って注文してください。

実印は、本人を証明するものとして日本独特のものです。そしてこの実印は、基本的には1度印鑑登録をすれば、変えることがありません。つまり、実印は長期間使用するものとして、耐久性がある素材で作ることが重要となるのです。実印の素材として人気の高いものは、象牙やオランダ水牛、チタンや琥珀などがあります。他にも木材を使用したものもありますので、通販サイトでじっくりと確認してください。このサイトは、通販での実印購入について説明します。